動画制作スキルを上げる!便利なショートカット・テロップの入れ方・編集のコツなどの豆知識を紹介

このサイトでは、実際の現場で利用されている便利なショートカットやテロップの入れ方まで、動画制作に関するお役立ち情報を幅広く紹介しています。
この記事を読めば、映像制作の基礎を一通り知ることができます。
動画の制作スキルをアップしたいと思っている方にとって必見の情報が盛りだくさんです。
また、動画コンテンツの制作時にアートや音楽などといった芸術的なセンスが必要かどうかについても触れています。

動画制作スキルを上げる!便利なショートカット・テロップの入れ方・編集のコツなどの豆知識を紹介

動画制作の現場では、スピード力が問われます。
なぜなら、納期が設定されているからです。
素早く作業を進めていくためには、ショートカットキーを使いこなす必要があります。
動画制作では映像の内容を分かりやすく伝えるために、テロップを入れることも珍しくありません。
最適なタイミングで出演者が話している内容や補足情報を入れるのがポイントです。
映像制作や動画制作の際には、画像やアニメーションやBGMなどの素材もたくさん使用します。
そのため、写真や音楽やアートなどの芸術的なセンスも磨いておいたほうがよいでしょう。

動画制作の基本であるカットを覚えよう

一般的な動画制作では最初に動画を撮影することになりますが、1時間の動画を撮影した場合でも編集で30分程度に短くすることができます。
動画の時間を短くすることで作品をシンプルにして、わかりやすく伝えることができますが、基本的にそのようなことをしたい場合はカットをすることになるはずです。
カットにも種類があって分割とトリミングがありますが、分割の場合は動画のなかで必要ではない部分を分割することで、効率的に不要な部分を削っていくことができます。
トリミングの場合は動画の残したい部分の開始と終了を決めて、他のところを一気にカットしていくことが可能です。
この場合は分割とは異なり、中間の部分を削ることができませんから、あくまでも開始と終了の部分以外を削るときに活用する方法になります。
そのため分割も活用しないと見やすい動画にすることができないので、動画制作をするときの基礎的な知識として身につけておくのが大切になるはずです。

動画制作の必須スキル|テロップの入れ方

動画にテロップが入ることで映像だけでは分からない部分を解説したり、登場した人物が発した言葉を表示させて強調するなど様々な演出が可能です。
多くの動画制作ツールでは簡単にテロップを入れることができますが、より良いものに仕上げるためにはスキルが必須です。
文字は画像に邪魔にならないような色と大きさを選択し、もしも見づらい場合には背景色のバーを加えてその中に文字を書き込むことも可能です。
また、的確に内容を伝えるためには表示されるタイミングも重要です。
人間は目で見てから理解するまでに数秒のタイムラグがあることから、少し早めに表示をさせてその後に映像が連動することが必要です。
あまりにも長文になってしまえば理解が追い付く前に次のシーンに切り替わってしまうのを避けるために、一定時間表示されたり何項目かに分けて余裕を持って理解を促進させることを心がけます。
これらを遵守した動画制作を行えば、内容をより分かりやすく伝えることができます。

動画制作時にアニメーションを入れると見栄えがする映像に仕上がる

動画制作は写真やイラストを組み合わせて作ることもできますが、やはりアニメーションを入れることで見栄えする映像になるのではないでしょうか。
アニメーションが見栄えするのは、動きが作品を見る人の興味を引いたり、止め絵よりも情報量が増えて魅力が増すことに理由があります。
動画制作のコストは確かに上がりますが、ここぞというところでアニメーションを取り入れることで、作品全体のクオリティもアップするのは間違いないです。
動画制作ではついつい省力化を考えてしまいがちですが、省力し過ぎると地味になって見た目が乏しくなります。
常時アニメーションだと見る人も作る人も大変ではありますが、適度に動きを入れる動画制作で作られた作品は、メリハリが生まれて見栄えがかなり良くなります。
ワンポイントや短時間でも構いませんから、どこか地味に感じられて見栄えがいまいちに思える作品は、画を動かす方向で検討してみるのが良いのではないでしょうか。

動画制作時にBGMを入れるベストタイミングはいつか?

動画制作はプロでなくても専用のソフトなどを用意することができれば、誰でも挑戦することができます。
そのため自分で撮影をして編集までを一人でやっていくようなことも不可能ではないですし、実際にそのようなことをビジネスにしている人も少なくないです。
しかし何も知識を持っていないような場合は、動画制作でどのようなタイミングにBGMを挿入すればいいのか悩んでしまうかもしれません。
基本的にBGMを入れる場所を間違えてしまうと、動画の内容がおかしくなってしまいますから、注意が必要になるはずです。
BGMを挿入する場所は各自で自由に決めていくことができますが、会話を開始してから流すと視聴者の意識が違う方向に行く可能性があります。
会話を開始する少し前からBGMを流すのが大切なポイントになりますから、その点を意識していくだけでも動画制作のクオリティを上げることができるはずです。
また音量にも注意しないといけないので、動画の内容が伝わる範囲の音量に調整しないといけません。